キイロスズメバチを撃退して安全な生活へ|駆除に役立つ情報ガイド

ハクビシンの被害を防ぐ

蟻被害

駆除業者の特徴

最近では、都心でも様々な動物の被害が出ています。山など自然に近い田舎であれば、なおさら害獣の被害が出てしまうのです。様々な害獣がいますが、被害が増えているのがハクビシンです。ハクビシンとはジャコウネコ科の動物であり、顔の中心に白い線が入っているのが特徴です。ハクビシンは日本全国に生息しており、近年では住宅街まで現れ、生ゴミを漁る事も多いのです。ハクビシンは畑やゴミを漁るだけでなく、家に住み着いて糞害などの原因ともなっています。ハクビシン駆除は、専門業者に依頼する事ができます。その特徴は、現地まで調査に来て、現場を確認してくれます。現状を説明し、ハクビシン駆除にかかる見積もりを出してくれます。調査や見積もりは、無料で行っている業者が多いので安心して依頼することができます。

予防法を知ろう

屋根裏などから、バタバタと走り回る音がしたり、見たことも無い足跡が庭や壁などについている場合には、ハクビシンが住みついている恐れがあります。ハクビシンが家に住みついてしまうと、騒音被害だけでなく、糞尿による被害や、またダニやノミなどが発生してしまいます。不衛生なため、健康被害が出てしまう場合も多く、ハクビシン駆除の必要があるのです。自分で捕獲するのは、なかなか抵抗を持つ人も多いため、ハクビシン駆除を専門で行っている業者に依頼した方が安心です。自分で駆除できたとしても、侵入口がそのままだと、また住みついてしまう恐れがあることを知っておきましょう。ハクビシン駆除業者であれば、駆除するだけでなく、侵入口を見つけて塞いでくれるため、予防することもできるのです。