写真館で和装の撮影を行うポイント

結婚式に御呼ばれした時や新年会、パーティーへの参加など、和装になる機会があったら、是非とも写真館でその姿を撮影しておきましょう。同じ着物であっても着付けの仕方やヘアメイクで大きく印象が変わりますので、その一瞬を収めておくのはいい思い出になるでしょう。たまにしか和装にならない人にとってはその姿を写真に収めておきたいと思うものです。そして写真館で撮影するなら素敵なポーズで撮れるようにしておきましょう。では、どういうポーズで撮影するのがいいのかをご紹介します。座りポーズ、立ちポーズ、後ろ姿など、和装に適したポーズはたくさんありますので、事前に勉強しておくことで素敵な写真を残すことができますので、ポーズのコツを学んでおきましょう。いろんなパターンで撮影をしてくれる写真館で撮ることも必要です。

和装で写真を撮る時は姿勢が大事

和装で写真撮影をするとき、座ってポーズをとるときは椅子に浅めに腰掛けましょう。カメラに向かって正面を向くのではなく、カメラに向かい身体がななめになるように腰かけて背筋を伸ばします。膝から下は、斜め後ろにひいて、太ももの上で重ねた手は太ももよりも少し浮かしたほうがバランスよくみえます。背筋はピンと伸ばし上半身はまっすぐ安定されてください。立ちポーズの場合、背筋をピンと伸ばしてお腹を引っ込めて、カメラに向かって斜めになるように立ちます。脚の親指に重心がかかるようにすると上半身が綺麗に見えます。そして手を小さく見せるため、帯の下のあたりで重ね、指先を伸ばします。手が小さく見えるだけでなく、指が細く見えるという利点もあります。着物の裾まで広がる柄を写真に収めるのであれば立ちポーズがベストです。

アップポーズで和装の写真を撮る

和装の姿で写真館において撮影する場合、襟元やヘアスタイルがしっかりとわかるアップポーズでも撮影しておきましょう。膝から上の上半身を撮影することになるので、手の動きや表情がポイントです。もちろん着物のきつけ、帯揚げやおはしょりなどがしっかりと着付けてあるかどうかも重要です。着物がきちんと着付けてあるのを確認したら、自分のお気に入りの顔の向きをカメラに向けます。左右の顔、どちらでも大丈夫な場合でも真正面を向くよりも少し左右どちらかに向けたほうがバランスよくなります。そして肩の力を抜き、顎を引いて静かに微笑んでください。手の位置は、身体の前、胸元の合わせの位置にもっていくと美しいです。手は軽く握るようにし、指先が人差し指、中指、薬指の順に曲げる角度を大きくするとキレイに見えます。